2021年以降、パソコンでフラッシュゲームを遊ぼうとすると
フラッシュのサポートが終了しました」と表示され、
普及率の高い人気のブラウザ「ファイアフォックス」「クローム」「Edge」など大手のブラウザでは
フラッシュを表示することができなくなり遊べません。

これはフラッシュを開発していたAdobeがフラッシュ自体を終了したことが原因なので
残念ながら今後フラッシュゲームでは遊べなくなったことになります。

何とか名作フラッシュゲームをまた遊べるようにと考えた結果、
訪問者さんのリスクと負担が少ない2つの方法があったので紹介してみます。

今でも遊べるフラッシュゲームで遊ぶ

何もしなくても今まで通りに遊べるフラッシュゲームをアクションゲームの庵に公開しました。

アクションゲームの庵では一部のフラッシュゲームにRuffleを導入することで
通常のブラウザでも遊べるようになっているのでまずはコチラであそんでみてください。

起動時にパソコンの動作が重くなるゲームもありますが、
訪問者さん側で何も準備をせずに遊べるので一番お手軽です。

2021年以降も遊べるフラッシュゲーム

フラッシュが動作するブラウザ(MxNitro)を使う

現在でもフラッシュを動作させる方法はいくつかありますが、
専門的な知識が必要だったりサポートを終了したフラッシュをブラウザで表示させることは
セキュリティのリスクがあります。

それでも遊びたい人はNitroというブラウザを使う非推奨の方法があるので興味のある人は試してください。
Nitroとはフラッシュを内臓している海外のブラウザのことです

MxNitroの使い方

試してみたい人はこちらからMxNitroのダウンロードをしてください。

左上の「DOWNLOAD NOW」→「DOWNLOAD: External mirror1」→ダウンロードしたexeファイルを実行してブラウザを開く→フラッシュゲームがあるページのURLをアドレス欄に貼り付ける。

この方法でとりあえず遊ぶことはできます。

終了したフラッシュゲームをMxNitroで遊ぶ

Nitroを使うと私が確認した範囲では問題なくフラッシュゲームが動作しました。
ただ、フラッシュの開発元であるAdobeが今後フラッシュはサポートしないと公言しているため、
予期せぬ不具合があったとしてもアクションゲームの庵では責任を取ることはできません。

あくまで自己責任の方法になることをご了承ください。

また、開発者が今回のフラッシュ騒動をうけて
自発的にゲームファイルにロックを掛けたゲームについては遊ぶことはできませんのでご了承ください。

Nitroについてまとめ

Nitroを使用する際は、信用できるゲームサイトのゲームを設置してあるページで使用することをおすすめします。

万が一にフラッシュの脆弱性を悪用したサイト(ファイル)を閲覧してしまうと
パソコンに不具合を起こす可能性があります。
現状をみた限りだとそこまでリスクは高くないとは感じていますが、
念の為に普段のブラウジングでは使用しないようにしてください。

フラッシュゲームの一覧ページ